音楽とか映画とか本とか...
 
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

【2013.08.21 Wednesday 】 author : スポンサードリンク
| - | - | - |
日本クロアチア国際交流コンサート
ヴァルス・ドゥ・フルール~花のワルツ
ヴァルス・ドゥ・フルール~花のワルツ

日 : 9/13(日)
開演 : 19:00
会場 : 愛知県芸術劇場コンサートホール
指揮 : 宮城敬雄
演奏 : アナスタシア・チェボタリョーワ、ザグレブ・フィルハーモニー管弦楽団

よかったぁ。
ものすごくよいコンサートでした。
まずクロアチアと日本の国歌を。
それでまず鳥肌がたってしまいました。
国歌を演奏している間、起立をしている人も多かったです。
次の『わが祖国』は、綺麗な曲ですねぇ。
聞きほれてしまいましたよ。
それから本日最大のお目当ての『メンデルスゾーン:ヴァイオリン協奏曲ホ短調作品64』。
アナスタシアさんのヴァイオリンの調子が悪かったのが残念でしたが最高でした。席が遠かったからよくみえなかったのですがアナスタシアさんの顔は、彫りが深いのはわかりましたよ。
ピンクのドレスもよく映えていました。
今まで聞いた『メンデルスゾーン:ヴァイオリン協奏曲ホ短調作品64』の中で一番、柔らかい演奏でしたね。
あんなに女性らしい演奏を聞けるとは思わなかったので、満足しました。
思わず身を乗り出して聞きいってしまいました。
拍手拍手が一番多かった曲でもありました。
休憩をはさんでの『ブラームス:交響曲第2番 ニ短調 作品73』もよかったのですが寝ている人がちらほらいたみたいです。
実は私もこの曲で眠くなっちゃいましたけどね。
アンコール1曲目の『マスカーニ カヴァレリア ルスティカーナより間奏曲』も好きな曲なので聞く事が出来てうれしかったです。
アンコール2曲目の『ブラームス ハンガリー舞曲第5番』は、まぁおまけみたいな感じでしたかね。
やっぱり、生の演奏はいいですねぇ。
それを実感したコンサートです。
海外の人も何名かみえていましたよ。カメラが数台ありました。
DVDにするのかな?
私の席の周りはすいていて、ゆったり聞く事が出来てしまいました。
ラッキー!!
【2005.09.13 Tuesday 23:42】 author : sata
| コンサート | comments(4) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
【2013.08.21 Wednesday 23:42】 author : スポンサードリンク
| - | - | - |
この記事に関するコメント
うわぁーいいねぇーーーvvv
クラシックのコンサートって行ったことがないです・・・
行きたいけど、一緒に行ってくれる人がいないよぉ。
1人で行く勇気もないし・・・
一度行ってみたーーーい!!!
| まりあ | 2005/09/16 8:54 AM |
ぜひ、ぜひ、行ってみて下さーい。
やっぱりクラシックのコンサートに行くって言うと、ひいちゃう人が多いので、私は一人で行く事もありますよ。
行ってみると案外一人で来てる人が多いので、その点は心配しなくてもいいかと思いますよ。
夫婦で来てる人も多いので、ご主人とご一緒してみれば!!

CDで聞く音と生の演奏(もちろん会場にもよりますが・・・)は、全く違いますよぉ。
| sata | 2005/09/17 8:04 PM |
やっぱ、そうやろねー。
CDとは音がぜんぜん違うと思う。。。

ダンナはクラシックは興味ないから一緒には行ってくれんねー。
実家の母なら一緒に行ってくれたかもしれんのに
今となっては、遠くて一緒にも行かれへんし・・・
| まりあ | 2005/09/20 4:55 PM |
音は、すっごくいいですよぉ。

はじめは私も一人で行くのが嫌だったけど、行ってみると一人で来てる人も意外と多いですよぉ。
| sata | 2005/09/21 10:00 PM |
コメントする









 
この記事のトラックバックURL
http://sata.jugem.cc/trackback/144
トラックバック
  BBS