音楽とか映画とか本とか...
 
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

【2013.08.21 Wednesday 】 author : スポンサードリンク
| - | - | - |
Fantasy Night
ヴォイセズ・アゲイン
ヴォイセズ・アゲイン


日時 2005年10月11日(火)
会場 愛知芸術劇場コンサートホール
開場 17:45
開演 18:30
歌手 ケイコ・リー
指揮 ボブ佐久間
管弦楽 名フィル・ポップスオーケストラ
Program
1 ムーン・リヴァー
2 想い出のサンフランシスコ
3 ニューヨーク・ニューヨーク
4 「サイモン&ガーファンクル」メドレー
5 ガーシュインの主題によるシンフォニック・ファンタジア「サマータイム」2003
6 ヒューマン・ネイチャー
7 ウィ・ウィル・ロック・ユー
8 ルート66
9 イフ・イッツ・ラヴ
10 ドント・エクスプレイン

仕事の都合で半分以上聞く事が出来なくて残念でした。
仕方ないけどね。
ジャズとクラシックのコラボしたコンサートでしたよ。
ジャズは、コンサートというよりライブ・ハウスで聞きたいなぁとも感じましたね。
ちょっと会場が広すぎたかな。
それにしても、あのコンサートホールでスピーカーが置いてあるのを初めて見ました。なんか、スッゴイ違和感を感じましたね。
ちょっと不満の残るコンサートでしたが、帰りの友達と食事に行ったのが、楽しかったから、まっいっか!
【2005.10.11 Tuesday 23:32】 author : sata
| コンサート | comments(2) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
【2013.08.21 Wednesday 23:32】 author : スポンサードリンク
| - | - | - |
この記事に関するコメント
ジャズとクラシックのコラボ・・・
なかなかおもしろそうだねぇ〜
半分以上聴けなかったのは残念。

ゴスペルもいいよねー。
クリスチャンじゃないけど、なぜか
昔からゴスペルを聴いてたワタクシ。
| まりあ | 2005/10/12 12:42 PM |
私もコラボは、おもしろそうだと思ったけど、なんかどっちつかずって感じで、ちょっと残念な結果でした。
でもケイコ・リーさんは、姉御って感じで、とってもざっくばらんで面白かったです。

ゴスペルもいいねぇ。
私はそんなに聞いてないけど、時々見るとカッコイイなぁって思います。
| sata | 2005/10/12 11:05 PM |
コメントする









 
この記事のトラックバックURL
http://sata.jugem.cc/trackback/164
トラックバック
  BBS